令和2年(2020年)10月試験・問49/宅建過去問

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.都市の中小河川の氾濫の原因の一つは、急速な都市化、宅地化に伴い、降雨時に雨水が短時間に大量に流れ込むようになったことである。

2.中小河川に係る防災の観点から、宅地選定に当たっては、その地点だけでなく、周辺の地形と防災施設に十分注意することが必要である。

3.地盤の液状化については、宅地の地盤条件について調べるとともに、過去の地形についても古地図などで確認することが必要である。

4.地形や地質的な条件については、宅地に適しているか調査する必要があるが、周辺住民の意見は聴かなくてよい。


 

 

 

 

 

 

【答え:4】


1.都市の中小河川の氾濫の原因の一つは、急速な都市化、宅地化に伴い、降雨時に雨水が短時間に大量に流れ込むようになったことである。

1・・・適当

都市化が進むことで、アスファルトが多く舗装され、雨水が地面に浸透せずに一気に河川に流れ込む現象が起きます。
その結果、都市の中小河川の氾濫の原因となっています。


2.中小河川に係る防災の観点から、宅地選定に当たっては、その地点だけでなく、周辺の地形と防災施設に十分注意することが必要である。

2・・・適当

中小河川は、豪雨に見舞われたときに氾濫する可能性があります。
そのため宅地選定に当たっては、その地点だけでなく、周辺の地形と防災施設に十分注意することが必要です。


3.地盤の液状化については、宅地の地盤条件について調べるとともに、過去の地形についても古地図などで確認することが必要である。

3・・・適当

液状化現象が発生しやすい場所は、海岸沿いの埋立地や旧河道、沼や湿地を埋め立てて盛土した宅地造成地などです。
これらは古い地図を使うと、昔どのような土地だったのか分かるので、確認する必要があります。


4.地形や地質的な条件については、宅地に適しているか調査する必要があるが、周辺住民の意見は聴かなくてよい。

4・・・最も不適当

地形や地質的な条件については、周辺住民の人で、昔からの住民は非常によく知っている場合があります。
そのため、周辺住民の意見は聴いた方が良いです。
よって、本肢が最も不適当です。

令和2年(2020年)10月試験分:宅建試験・過去問

内容
問1 囲繞地と袋地
問2 保証
問3 契約の解除(判決文)
問4 賃貸借契約
問5 委任契約
問6 錯誤
問7 保証
問8 相続
問9 売買契約・贈与契約
問10 時効
問11 借地権
問12 借家権
問13 区分所有法
問14 不動産登記法
問15 都市計画法
問16 都市計画法(開発許可)
問17 建築基準法
問18 建築基準法
問19 宅地造成等規制法
問20 土地区画整理法
問21 農地法
問22 国土利用計画法
問23 印紙税
問24 不動産取得税
問25 不動産鑑定評価基準
問26 免許
問27 広告
問28 宅建士
問29 媒介契約
問30 報酬計算
問31 重要事項説明書(35条書面)
問32 8種制限
問33 37条書面
問34 宅建士
問35 営業保証金
問36 保証協会
問37 37条書面
問38 媒介契約
問39 業務上の規制
問40 クーリングオフ
問41 重要事項説明書(35条書面)
問42 8種制限
問43 免許の基準
問44 重要事項説明書(35条書面)
問45 住宅瑕疵担保履行法
問46 住宅金融支援機構
問47 不当景品類及び不当表示防止法
問48 統計
問49 土地
問50 建物
宅建通信に関する相談はこちら