宅建の試験概要(令和4年・2022年)

宅建試験までの計画

 

⇒ 他の動画コンテンツはこちら

宅地建物取引士資格試験の概要は以下の通りです。

試験日時

令和4年10月16日(日) 午後1時~3時 (2時間)

登録講習(5点免除)の試験時間は、
午後1時10分~午後3時 (1時間50分)

受験資格(条件、要件)

年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく、誰でも受験できます。

試験形式

4択のマークシート形式で、50問出題されます。
宅建試験では、毎年統計問題が1問出題されるのですが、統計問題は平成28年4月1日現在施行されているものです。

電卓の持ち込みは禁止です。

試験科目

出題範囲 出題科目 配点
権利関係  民法
借地借家法
建物区分所有法
不動産登記法
14点
法令上の制限  国土利用計画法
都市計画法
建築基準法
農地法
土地区画整理法
宅地造成等規制法
その他の法令
8点
宅建業法  宅建業法
特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関する法律
20点
 税法 2点
その他  鑑定評価基準・地価公示
住宅金融支援機構・景品表示法・統計
土地・建物
6点

宅建合格するための目標点数はこちら

宅建の受験手続

受験料金 7,000円
申込方法 インターネット 郵送
申込期間 毎年7月上旬~中旬 毎年7月上旬~下旬
合格発表 毎年、11月下旬~12月上旬

受験票の送付

毎年9月下旬に財団法人不動産適正取引推進機構から郵送されてきます。

申込をしてから2ヶ月程後になって届くので不安になりますが、郵送であれば簡易書留で送っているはずなので、心配しないでください。

心配でしたら、直接、 財団法人不動産適正取引推進機構に問い合わせてみましょう。

財団法人不動産適正取引推進機構(試験部) TEL:03-3435-8181

合格発表

毎年12月初旬に財団法人不動産適正取引推進機構のホームページで公表されます。

合格者は財団法人不動産適正取引推進機構から合格証書が郵送されてきます。不合格者には、何も郵送されません。

試験が終わると、翌日には合格予想点や解答が色々なサイトで公表されます。しかし、それはあくまでも予想なので正しくない場合もあるので注意してください。

無料メルマガ【宅建過去問】
宅建通信に関する相談はこちら