令和2年(2020年)12月試験・問50/宅建過去問

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.基礎は、硬質の支持地盤に設置するとともに、上部構造とも堅固に緊結する必要がある。

2.木造建物を耐震、耐風的な構造にするためには、できるだけ建物の形態を単純にすることが適切である。

3.鉄骨造は、不燃構造であり、靭性が大きいことから、鋼材の防錆処理を行う必要はない。

4.近年、コンクリートと鉄筋の強度が向上しており、鉄筋コンクリート造の超高層共同住宅建物もみられる。


 

 

 

 

 

【答え:3】


1.基礎は、硬質の支持地盤に設置するとともに、上部構造とも堅固に緊結する必要がある。

1・・・適当

基礎は、固い地盤(硬質の支持地盤)に設置するとともに、上部の土台や柱と堅固に緊結する必要があります。


2.木造建物を耐震、耐風的な構造にするためには、できるだけ建物の形態を単純にすることが適切である。

2・・・適当

複雑な形態の建物にすると、局所的に地震力・風圧力が加わることになるため、耐震、耐風的な構造にするためには、できるだけ建物の形態を単純にすることが適切です。


3.鉄骨造は、不燃構造であり、靭性が大きいことから、鋼材の防錆処理を行う必要はない。

3・・・最も不適当

鉄骨造は、不燃構造であり、靭性(ねばり強さ)が大きいです。よって、前半は適当です。

一方、鉄骨造りは、錆(さび)やすいので、さびないようする防錆処理が必要です。よって、後半部分が不適当です。


4.近年、コンクリートと鉄筋の強度が向上しており、鉄筋コンクリート造の超高層共同住宅建物もみられる。

4・・・適当

以前は、鉄筋コンクリート造(RC造)では10階建て程度が限度でしたが 近年はコンクリートと鉄筋の強度向上により、超高層共同住宅建物でも鉄筋コンクリート造(RC造)も出てきています。

令和2年(2020年)12月試験分:宅建試験・過去問

内容
問1 不法行為
問2 代理
問3 親族
問4 債務不履行
問5 時効
問6 転貸借
問7 売買契約
問8 相続
問9 地役権
問10 共有
問11 借地権
問12 借家権
問13 区分所有法
問14 不動産登記法
問15 都市計画法
問16 都市計画法(開発許可)
問17 建築基準法
問18 建築基準法
問19 宅地造成等規制法
問20 土地区画整理法
問21 農地法
問22 国土利用計画法
問23 登録免許税
問24 固定資産税
問25 地価公示法
問26 業務上の規制
問27 広告
問28 媒介契約
問29 業務上の規制
問30 保証協会
問31 免許
問32 35条書面
問33 営業保証金
問34 報酬
問35 37条書面
問36 業務上の規制
問37 37条書面
問38 宅建士
問39 クーリングオフ
問40 業務上の規制
問41 業務上の規制
問42 35条書面
問43 宅建士
問44 宅地の定義
問45 住宅瑕疵担保履行法
問46 住宅金融支援機構
問47 不当景品類及び不当表示防止法
問48 統計
問49 土地
問50 建物
 
宅建通信に関する相談はこちら