平成27年(2015年)問50/宅建過去問

建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。

2.基礎の種類には、直接基礎、杭基礎等がある。

3.杭基礎には、木杭、既製コンクリート杭、鋼杭等がある。

4.建物は、上部構造と基礎構造からなり、基礎構造は上部構造を支持する役目を負うものである。


 

 

 

 

 

 

【答え:1】


木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。

1・・・不適当

木材は湿気に弱く、水分を含むと、強度が落ち、腐ってていきます。 そのため、地盤面から一定距離の基礎の立ち上がりが必要です。 基礎の立ち上がりがないと、雨水が木材にかかり、腐りやすくなります。 「個別指導プログラム」では、分かりやすいように図を使って解説しています。


基礎の種類には、直接基礎、杭基礎等がある。

2・・・適当

基礎の種類には、直接基礎杭基礎があります。
直接基礎とは、建物の荷重を支持地盤へ直接的に伝えることのできる基礎をいいます。良好な地盤で支持層が浅い場合に用います。
一方、杭基礎とは、直接基礎では十分に建物を支持できない場合に、基礎底盤の下から固い支持層まで杭を入れる基礎のことをいいます。

個別指導プログラム」では図を使って対比しながらそれぞれのメリットデメリットなども解説しています。


杭基礎には、木杭、既製コンクリート杭、鋼杭等がある。

3・・・適当

杭基礎に用いられる杭はその材料により、木杭、コンクリート杭、鋼杭などに分類できます。これも「個別指導プログラム」では図を使って分かりやすく解説しています。


建物は、上部構造と基礎構造からなり、基礎構造は上部構造を支持する役目を負うものである。

4・・・適当

建物は、上部構造(建物本体)と基礎構造(基礎部分)から構成される。基礎構造は、上部構造からの力を地盤に伝え、上部構造を支持する役目を負っています。下の基礎部分が、上の建物部分を支えているということですね!

平成27年度(2015年)宅建試験・過去問

内容
問1 民法の条文
問2 通謀虚偽表示
問3 賃貸借と使用貸借
問4 取得時効
問5 占有
問6 抵当権
問7 抵当権の処分
問8 同時履行の関係
問9 転貸借
問10 相続
問11 借家権
問12 定期借家権と普通借家権
問13 区分所有法
問14 不動産登記法
問15 都市計画法(開発許可)
問16 都市計画法
問17 建築基準法(建築確認)
問18 建築基準法
問19 宅地造成等規制法
問20 土地区画整理法
問21 国土利用計画法
問22 農地法
問23 相続時精算課税制度
問24 固定資産税
問25 地価公示法
問26 宅地建物取引業の定義
免許の要否
問27 免許の基準
問28 媒介契約
問29 重要事項説明
問30 媒介契約
問31 35条書面の記載事項
問32 35条書面の記載事項
問33 報酬計算
問34 8種制限
問35 宅地建物取引士
問36 8種制限
問37 業務上の規制
問38 37条書面
問39 8種制限
問40 8種制限
問41 業務上の規制
問42 営業保証金と保証協会
問43 監督処分
問44 案内所
問45 住宅瑕疵担保履行法
問46 住宅金融支援機構
問47 不当景品類及び不当表示防止法
問48 統計(省略)
問49 土地
問50 建物
宅建通信に関する相談はこちら