平成26年(2014年)問38/宅建過去問

宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した宅地の売買契約について、Bが宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づき、いわゆるクーリング・オフによる契約の解除をする場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 Aは、喫茶店でBから買受けの申込みを受け、その際にクーリング・オフについて書面で告げた上で契約を締結した。その7日後にBから契約の解除の書面を受けた場合、Aは、代金全部の支払を受け、当該宅地をBに引き渡していても契約の解除を拒むことができない。

2 Aは、Bが指定した喫茶店でBから買受けの申込みを受け、Bにクーリング・オフについて何も告げずに契約を締結し、7日が経過した。この場合、Bが指定した場所で契約を締結しているので、Aは、契約の解除を拒むことができる。

3 Bは、Aの仮設テント張りの案内所で買受けの申込みをし、その3日後にAの事務所でクーリング・オフについて書面で告げられた上で契約を締結した。この場合、Aの事務所で契約を締結しているので、Bは、契約の解除をすることができない。

4 Bは、Aの仮設テント張りの案内所で買受けの申込みをし、Aの事務所でクーリング・オフについて書面で告げられた上で契約を締結した。この書面の中で、クーリング・オフによる契約の解除ができる期間を14日間としていた場合、Bは、契約の締結の日から10日後であっても契約の解除をすることができる。


 

 

 

 

 

 

【答え:4

この問題の全てについて言えることですが、下記解説だけで正解をすることができます。

しかし、ヒッカケ問題がでたら下記解説だけでは解けません!

ではどうしなければいけないのか?

問題の解き方・考え方を理解する必要があります。
これを頭に入れれば、クーリングオフの問題でヒッカケに対応できます!
個別指導ではこのように、どんな問題でも対応できるような解き方や考え方を教えています!
本当の実力をつけたい方は個別指導をお考えください!
↓↓
個別指導の詳細はこちら


Aは、喫茶店でBから買受けの申込みを受け、その際にクーリング・オフについて書面で告げた上で契約を締結した。その7日後にBから契約の解除の書面を受けた場合、Aは、代金全部の支払を受け、当該宅地をBに引き渡していても契約の解除を拒むことができない。

1・・・誤り

買主が代金全部を支払い、目的物の引き渡しを受けてしまったら、その後、 クーリングオフによる解除はできません

したがって、売主業者Aは買主Bからの契約の解除を拒むことができます。


Aは、Bが指定した喫茶店でBから買受けの申込みを受け、Bにクーリング・オフについて何も告げずに契約を締結し、7日が経過した。この場合、Bが指定した場所で契約を締結しているので、Aは、契約の解除を拒むことができる。

2・・・誤り

買主自ら指定した場所でクーリングオフができないのは
「買主自らが指定した勤務先」と「買主自らが指定した自宅
」です。

本肢は
「買主自らが指定した喫茶店」となっているので
クーリングオフができない場所には該当しません!

そして、クーリングオフについて何も告げられてないので、 買主Bは解除することができます。=Aは解除を拒むことができない

 


Bは、Aの仮設テント張りの案内所で買受けの申込みをし、その3日後にAの事務所でクーリング・オフについて書面で告げられた上で契約を締結した。この場合、Aの事務所で契約を締結しているので、Bは、契約の解除をすることができない。

3・・・誤り

申込場所と契約締結場所が異なる場合、
申込場所で判断
します。

申込場所はテント張りの案内所なので、クーリングオフができない場所には該当しません

したがって、Bは契約の解除をすることができないという記述は誤りです!

 


Bは、Aの仮設テント張りの案内所で買受けの申込みをし、Aの事務所でクーリング・オフについて書面で告げられた上で契約を締結した。この書面の中で、クーリング・オフによる契約の解除ができる期間を14日間としていた場合、Bは、契約の締結の日から10日後であっても契約の解除をすることができる。

4・・・正しい

クーリングオフができる期間について、宅建業法では
「書面で告げられてから)8日間」とされています。

そして、クーリングオフについて特約する場合、
上記より買主にとって不利なものは、無効となります。

本肢のように「クーリングオフによる解除の期間を(書面で告げられてから)14日間」とするのは
のは買主にとって不利ではないので、有効な特約です。

したがって、
Bは、契約の締結の日から14日間は契約解除ができるため
10日後であっても契約の解除をすることができます。

平成26年(2014年)宅建試験過去問集

内容
問1 民法の条文
問2 代理
問3 時効・即時取得
問4 抵当権・根抵当権
問5 債権譲渡
問6 担保責任
問7 賃貸借
問8 不法行為
問9 制限行為能力者
問10 相続
問11 借地権
問12 借家権・定期建物賃貸借
問13 区分所有法
問14 不動産登記法
問15 都市計画法
問16 開発許可
問17 建築基準法
問18 建築基準法
問19 宅地造成等規制法
問20 土地区画整理法
問21 農地法
問22 その他法令
問23 登録免許税
問24 不動産取得税
問25 地価公示法
問26 宅地建物取引業の免許
問27 宅建業法総合問題
問28 案内所等
問29 営業保証金
問30 広告規制
問31 8種制限
問32 媒介契約
問33 8種制限・手付金額の制限
問34 重要事項説明
問35 重要事項説明
問36 重要事項説明
問37 報酬
問38 8種制限・クーリングオフ
問39 保証協会
問40 37条書面
問41 宅建業法 総合
問42 37条書面
問43 業務上の規制
問44 監督処分
問45 住宅瑕疵担保履行法
問46 住宅金融支援機構
問47 不当景品類及び不当表示防止法
問48 統計
問49 土地
問50 建物

宅建通信に関する相談はこちら