地上権の重要ポイントと解説

地上権のポイント一覧

  1. 地上権の対抗要件は「地上権の登記」。ただし、建物所有目的で地上権を設定した場合、建物を登記することでも対抗要件を備える
  2. 地上権は、地上権設定者(地主)の承諾なく、第三者に譲渡することができる
  3. 地上権の設定期間について、制限はない永久地上権も可能
  4. 地上権は、無償でも有償でもよい

地上権とは?

地上権は、他人の土地を工作物または、竹木を所有するために使用できる物権です。
地上権は物権なので、登記をすることで、第三者に対抗することができ(登記が対抗要件)、地上権設定者には、登記の協力義務があります。

地上権者は、物権なので、地上権設定者(地主)の承諾なく、地上権を第三者に譲渡することができます

地上権の図です。Aが所有する土地に、地上権者Bとして地上権を設定した。この場合、土地所有者Aを地上権設定者と言います。

地上権の設定期間について、制限はありません
長くても、短くても大丈夫です。なので、地上権の設定期間を「永久」とする永久地上権も可能です。

地上権は、無償でも有償でもよいです。

借地借家法と地上権

建物所有目的で地上権を設定した場合、借地借家法が適用され、地上権を登記していなくても、建物を登記することで、対抗要件を備えます

令和5年の宅建合格を目指すあなたへ。無料で毎日過去問を3問の分かりやすい解説をお送りします。無料で解説を受けたい方はこちらをクリックしてください。
宅建通信に関する相談はこちら