宅地建物取引士資格試験の「借地権・借家権の存続期間」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「借地権・借家権の存続期間」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

借地権・借家権の存続期間

存続期間とは、簡単にいうと、契約期間です。
そして、民法と借地借家法で異なる部分はありますが、借地借家法は民法に優先します。
それゆえ、不動産について存続期間を問う場合は、借地借家法で答えてください。

存続期間の比較を以下の表で確認してください。
下記表の「借地」、「借家」は借地借家法の内容です。

最初の存続期間

最初の更新後の存続期間
民法 20年以下
最短は定められていない
賃貸人が異議を述べない場合、
前賃貸借と同一条件
借地 30年以上
最長は定められていない
最初の更新 : 20年以上
2回目以降の更新 : 10年以上
借家 制限はないが、1年未満で定めると
期間の定めのないものとみなされる
更新しない通知をしなければ
従前の契約と同一の条件
ただし、存続期間は
期間の定めのないものとされます。

民法

賃借権の存続期間は最長で20年
当事者の契約で30年と定めても20年になります。
最短期間については特に制限がありません。
契約期間満了の際の更新も20年を超えて設定できません。

借地

存続期間定める場合、
30年より長く定めなければならず、30年より短い期間で定めた場合は30年となります
また、最長期間に制限はなく、期間を定めなかった場合は30年となります。
更新後の存続期間は最初の更新は20年以上次の更新以降は10年以上で定めなければなりません。

借家

存続期間は定めても定めなくてもよいです。
ただし、1年未満で定めた場合は存続期間の定めのない契約と見なされます。
当事者が期間満了1年前から6ヶ月前までの間に更新しない旨の通知をしなかった時は、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものと見なします。

民法の賃貸借の存続期間(契約期間)

賃貸借の存続期間は原則として20年を超えることができません。当事者間で20年を超える期間の定めをしても、その期間は20年に短縮されます。

また、賃貸借契約で定めた期間が満了した後、その期間を更新することができるが、この場合には更新の時から20年を超えることはできません。

期間の定めのない賃貸借の解約の申入れ

当事者が賃貸借の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができます。
この場合においては、解約の申入れの日から下記期間を経過することによって、賃貸借契約は終了します。

  • 土地の賃貸借・・・1年
  • 建物の賃貸借・・・3か月
  • 動産の賃貸借・・・1日

賃貸借契約の更新

賃貸借の期間が満了した後、賃借人が賃借物の使用収益を継続する場合、賃貸人がこれを知りながら異議を述べないときは、従前契約と同一の条件で更に賃貸借をしたものとなります。

この場合、存続期間の定めのない賃貸借になります。したがって、当事者は、いつでも解約の申し入れができ、解約の申し入れから、土地の賃貸借は1年経過後、建物の賃貸借は3か月経過後、動産の賃貸借は1日経過後に、終了します。

 

借地権の更新

合意更新

借地上の建物の有無にかかわらず、地主と借地権者の合意によって更新されます。最初の更新は20年以上、2回目以降は10年以上で定めなければなりません。

請求による更新

借地上に建物が存在している場合に限って、借地権者が地主に対して請求することで更新されます。(地主の承諾は不要
最初の更新は20年、2回目以降は10年となり、それ以外の条件は従前の契約と同じです。(期間について、上記より長い期間で定めた場合はその期間となる)

ただし、地主が遅滞なく正当事由をもって意義を述べた場合は更新されません。

使用継続による更新

借地上に建物が存在していて、契約期間満了後も引き続き使用継続をし、地主が遅滞なく正当事由をもって意義を述べない場合、更新されます。
最初の更新は20年、2回目以降は10年となり、それ以外の条件は従前の契約と同じです。(期間について、上記より長い期間で定めた場合はその期間となる)

正当事由とは?

下記内容を考慮して正当事由があるかどうかを判断します。

  1. 土地の使用を必要とする事情
  2. 借地に関する従前の経緯
  3. 土地の利用状況
  4. 立退料

 

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について