宅地建物取引士資格試験の「免許の申請手続き」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「免許の申請手続き」の学習すべき点は?

免許の申請手続き

免許は大きく分けて2つに分かれます。
「都道府県知事免許」と「国土交通大臣免許」です。
1つの都道府県内にのみ事務所がある場合は都道府県知事免許
2つ以上の都道府県に事務所がある場合は国土交通大臣免許が必要です。

例)
本店、支店:神奈川県 → 神奈川県知事免許
本店、支店:東京都 → 東京都知事免許
本店:東京都、支店:神奈川県 → 国土交通大臣免許
本店:大阪府、支店:東京都、神奈川県、京都府 → 国土交通大臣免許

事務所の数も関係ありません!

そして、免許を取れば、全国どこの物件でも宅建業を行うことができます。
例えば、神奈川県知事免許を持っていれば、北海道の土地の売買もできるということです。

免許の申請の方法

免許を申請するには、免許申請書というものを免許権者に提出します。
知事免許を受ける場合、直接知事に申請します。
国土交通大臣の免許を受ける場合、この免許申請書を、主たる事務所(本店)の所在地を管
轄する都道府県知事を経由して提出するのです。

宅建メルマガ

関連記事

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について