宅地建物取引士資格試験の「建築協定(一人協定)」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「建築協定(一人協定)」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

建築協定(一人協定)

建築協定とは土地の所有者、借地権者、地上権者等がみんなで自ら自主的に一定の建築ルールを定めて、それを運営していく制度です。
建築協定のポイントを整理します。

建築協定の内容
成立要件 土地の所有者 および 借地権者 全員の同意

特定行政庁の認可
協定できる内容 建築物の敷地、位置、構造、形態、意匠、建築設備、用途など
協定の効力 特定行政庁の認可の公告のあった日以後
協定の効力が及ぶ範囲 上記の日以後、土地の所有権や借地権を譲り受けた者に対しても効力は生じます。
協定の効力 土地の所有者 および 借地権者 全員の同意

特定行政庁の認可
協定の廃止 土地の所有者 および 借地権者 過半数の同意

特定行政庁の認可

上記の文を読むと一人では建築協定はできなさそうに思えるが、一人協定 といって、一人でも建築協定を締結できます。

ただし、一人協定の場合、協定は締結できるが効力は2人以上にならなければ効力発生しない。
また、認可の日から3年以内に2人以上にしなければなりません。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について