宅地建物取引士資格試験の「建築確認の手続き・流れ」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「建築確認の手続き・流れ」の学習すべき点は?

建築確認の手続き・流れ

建築確認申請の流れを以下に示していきます。
宅建試験でも頻出なので、必ず覚えてください!

申請

 ●建築主は工事着手前に建築主事(又は指定確認検査機関)に確認申請を提出

建築確認フロー|宅建通信講座
審査

 ●建築主事は7日以内(大規模建築物の場合は35日以内)に審査しなければなりません。

建築確認審査|宅建通信講座
建築確認

 ●建築主事は所在地所轄の消防長の同意が得る必要がある。
建築主事は建築基準を満たすと判断した場合、申請者に確認済証の交付

建築確認審査|宅建通信講座
工事

 ●施工者は建築確認があった旨を工事現場の見やすい場所に表示する
(建築現場に建ててある白い四角の板のこと)

建築確認審査|宅建通信講座
中間検査
の申請

 ●建築主は一定の工程が終ったら、建築主事に対して4日以内に到着するように申請

建築確認審査|宅建通信講座
中間検査

 ●建築主事は申請受理した後、4日以内に検査し、中間検査合格証を交付

建築確認審査|宅建通信講座
完了検査
の申請

 ●建築主は工事が完了したら、建築主事に対して、4日以内に完了検査の申請をしなければならない

建築確認審査|宅建通信講座
完了検査

 ●建築主事は申請受理した後、7日以内に検査をしなければならない

建築確認審査|宅建通信講座
使用開始

原則、建物の使用は検査済証の交付を受けた後でなければ、使用できないが、特殊建築物・大規模建築物は交付前でも使用できる場合があります。
それが下記2つの場合です
●特定行政庁または建築主事が、仮使用の承認をしたとき
●建築主事が完了検査の申請受理後7日を経過した場合
(建築主事からの連絡がない場合) 

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について