宅地建物取引士資格試験の「防火地域・準防火地域」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「防火地域・準防火地域」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

防火地域・準防火地域

防火地域 準防火地域
耐火建築物 地階を含む3階以上
または
延床面積100㎡超
地上4階以上
または
延床面積1500㎡超
耐火建築物
もしくは
準耐火建築物
上記以外 地上3階
または
延床面積500㎡超1500㎡以下
看板など  屋上に設けるもの
高さ3mを超えるもの 
2mを超える門や塀
不燃材料でつくること
 

防火地域

防火地域においては、原則、地階を含む階数が3以上で、または延べ面積が100㎡を超える建築物は耐火建築物としなければなりません。
また、防火地域で上記以外の建築物の場合は、耐火建築物もしくは準耐火建築物にしなければなりません。

看板などの防火措置

看板や広告塔について、「屋上に設けるもの」または、「高さ3mを超えるもの」は不燃材料で作らなければならない

2mを超える門や塀不燃材料にしなければなりません。

準防火地域

準防火地域においては、原則、「地階を除く階数が4階以上」または、「延べ面積1500㎡を超える」建築物は耐火建築物にしなければなりません。

また、「地階を除く階数が3」または「延べ面積500㎡を超え1500㎡以下」の建築物は耐火建築物もしくは準耐火建築物にしなければなりません。

建築物が防火地域と準防火地域にまたがる場合

建築物が防火地域と準防火地域にまたがる場合は、その全部について,「厳しい方の防火地域に関する規定」が適用されます。
注意すべき点は、主語は敷地ではなく、建築物であること!
つまり、敷地自体防火地域にかぶっていても、建物さえ準防火地域にあれば、準防火地域の規制しか受けないということです。

防火地域と準防火地域にまたがる場合
宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について