宅地建物取引士資格試験の「道路制限(接道義務・セットバック)」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「道路制限(接道義務・セットバック)」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

道路制限(接道義務・セットバック)

接道義務

建物の敷地は原則、道路に2m以上接しなければなりません。
つまり、建物を建てるには道路に2m以上接していないといけないということです。

ここで、道路とは「建築基準法上の道路」を表しています。
建築基準法上の道路とは原則、幅員(幅)4m以上であるが、4m未満でも特定行政庁が指定すれば(2項道路)建築基準法上の道路として扱われます。

つまり、幅員4m未満の狭い道路であっても2項道路であれば、その道路に2m接していれば、建築可能ということになります。

道路(2m接道義務、4m必要)・宅建通信講座

セットバック

2項道路は幅員4m未満と非常に狭い道路です。
街づくりを考えるとできるだけ、広い道の方が都合がよいですよね。

そこで、新しく建築する場合は、道路の中心線から2m後退した線を敷地の境界線とします。
これをセットバックといいます。
つまり、 中心線から2m以内の敷地は建築することができず、容積率や建ぺい率の計算の際に、この部分の面積は敷地面積に入れません。

セットバックが必要な道路・宅建通信講座

道路内の建築制限

原則、道路に突き出して建物を建築してはいけません。
しかし例外があり、その例外が重要なので以下の2つを覚えよう。

  1. 地盤面下に設ける建築物(地下駐車場、地下商店街)
  2. 公衆便所派出所など公益上必要な建物で特定行政庁が認めて、建築審査会で許可したもの

私道の変更または廃止の制限

特定行政庁は、私道の変更や廃止を禁止したり、制限することができます。
建物を建てるために敷地に接する道路は私道でも構いません。よく、大規模開発をすると、その区域内の道路が私道であることはよくあります。これらの道路が勝手に変更されたり廃止されると、建替えができないなど困る場合があります。そのため、上記のような制限があります。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について