宅地建物取引士資格試験の「単体規定」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「単体規定」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

単体規定

単体規定とは、建築物そのものの安全性や居住性を確保するための規定です。
それに対して
集団規定とは周囲の環境や他の住民との調和を図るための規定です。

敷地についての制限

敷地の高さ

建築物の敷地は道の境より高くしなければならず、建築物の地盤面はこれに接する周囲の土地より高くなければなりません。
ただし、排水に支障がない場合は低くても構いません。

排水処理施設の設置

下水管等を設置しないといけない

建築物の構造、設備についての制限

防火壁の設置 延べ面積が1,000㎡超の耐火建築物・一定の準耐火建築物でない建築物は 原則、防火壁によって有効に区画し、それぞれの区画を1,000㎡以内としなければならない。
窓のない部屋の構造

開口部(窓)がない居室は原則、耐火構造にし、不燃材料で作らなければならない

居室の採光 居室の開口部(窓)の面積は居室の床面積に対して1/7以上でなければならない
居室の換気 居室には、窓その他開口部をもうけ、居室の床面積に対して1/20以上でなければならない
避雷設備 高さ20mを超える建築物には避雷設備が必要
昇降機 高さ31mを超える建築物には非常用昇降機(エレベーター)が必要
宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について