宅地建物取引士資格試験の「無権代理」を解説

宅建合格のために必要な「無権代理」の学習すべき点は?

無権代理

無権代理とは
代理権がないにもかかわらず、代理行為を行ったり、代理権限を超えて代理行為を行ったりする
ことを言います。

この場合、無権代理人の行為は本人に効果が及びません(帰属しません)。

無権代理人の行った行為は本人に帰属しない

つまり、AB間の契約は無効となります。
しかし、それでは、相手方は困ってしまいます。 そこで、無権代理制度という者があり、「相手方」および「本人」はそれぞれ、以下のような権利をもちます。

本人 追認権 相手方でも無権代理人でもどちらに意思表示をしてもよい。
追認すると、契約時に遡って契約が有効となります
追認拒絶権 相手方から追認を求められても、「追認しません!無効にします!」と主張できます。
相手方 催告権 善意・悪意(Cがニセ代理人だと知っていた)を問わず、本人に追認を求めることができる。
取消権 相手方が善意の場合のみ、契約自体を取消すことができます。
無権代理人への責任追及 相手方が善意無過失の場合のみ、無権代理人に対して、損害賠償請求または履行請求をすることができます。(相手方が選択できる)
ただし、無権代理人が制限行為能力者の場合は責任追及できません。
表見代理を主張 相手方が善意無過失の場合で、かつ、その他条件を満たした場合、本人に、履行を請求できます。(契約通り、責任とって下さい!と主張することができます。)
⇒ 表見代理の詳細説明はこちらから

無権代理と死亡による相続の関係

①無権代理行為を行った後に無権代理人が死亡した場合、また、②無権代理行為を行った後に本人が死亡した場合、どうなるのでしょう?

①本人が無権代理人を相続した場合   本人は、追認拒絶することができます
しかし、無権代理人の権利義務を引き継ぐので、無権代理の被る責任を問われる可能性があります。
①無権代理人が本人を相続した場合   

本人の地位を利用して、追認拒絶することはできません
そもそも、無権代理人自身が無権代理行為を行っているので、相続した後に、自分の行為の効力を認めないというのは筋違いだからです。


宅建メルマガ

関連記事

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について