一括競売の重要ポイントと解説

一括競売とは、更地に抵当権を設定した、「抵当権の設定された土地」に「建物」が建築された場合、抵当権者は、「抵当権の設定されていない建物」も「土地」と一緒に競売にかけることができることです。

抵当権設定後に建物を建てても、その建物には法定地上権がありません。

なので、「競売で土地だけを取得した者」が、「建物壊せ!」と主張すれば、建物を壊さないといけません。

これは、建物所有者もかわいそうですし、社会経済的にも大きいので、「土地」と「建物」を一括で競売できるルールを作ったわけですね。

無料メルマガ【宅建過去問】
宅建通信に関する相談はこちら