宅地建物取引士資格試験の「免許の交付と登録」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「免許の交付と登録」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

免許の交付と登録

無事、不動産業者が免許を受けると、免許権者(知事または国土交通大臣)は免許を交付します。
そして、免許権者は宅建業者名簿に以下の8つの事項を登載します。

  1. 免許証番号・免許の年月日
  2. 商号・名称
  3. 法人の場合は:その役員および政令で定める使用人の氏名
  4. 個人の場合は:その者および政令で定める使用人の氏名
  5. 事務所の名称・所在地
  6. 事務所ごとに置かれる専任取引士の氏名
  7. 指示処分・業務停止処分の年月日・その内容
  8. 宅建業以外に兼業している場合は、その事業の種類

上記内容に変更が生じた場合は、免許権者へ30日以内届出をしなければなりません。
免許の申請と同様、国土交通大臣免許を受けている宅建業者は、主たる事務所を管轄する都道府県知事を経由して届け出ます。
これを変更届出と言います。

そして、別のページで学ぶ「免許換え」「取引士の登録移転」「取引士の変更登録」などと混同してしましますので、しっかり整理してください。

免許の効力

免許の有効期間は5年間です。
有効期間の満了日の90日から30日前迄の間に免許の申請を提出しなければなりません。
そして、免許を更新すればまた、5年間有効となります。
なお、更新後の免許の有効期間の起算日更新前の免許の有効期間の満了日の翌日です。

免許の効力|宅建通信

更新期間中に申請をしたにも関わらず、有効期間満了日までに処分が出ない場合は、有効期間満了後も処分されるまでは効力を有します。

宅建メルマガ

関連記事

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について