宅地建物取引士資格試験の「自己の所有に属さない宅地建物の売買契約締結の制限」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「自己の所有に属さない宅地建物の売買契約締結の制限」の学習すべき点は?

上記個別指導の募集終了まで あとカウントダウン

自己の所有に属さない宅地建物の売買契約締結の制限

自己の所有に属さない宅地建物の売買契約締結の制限は8種規制の一つです。
8種規制とは売主が宅建業者、買主が宅建業者以外の場合に適用される買主保護を目的とする制限です。

自己の所有に属さない物件とは

  1. 他人が所有している物件
  2. 未完成物件

この二つが自己所有に属さない物件です。
民法では他人物売買は認められていますが、宅建業法では、これらの物件を売買することは禁止されています。
ただし、例外がありますので、例外、つまり契約ができる場合を下記にしまします。

他人が所有している物件

その物件を宅建業者が取得する契約(予約も含む)を締結していれば、他人物に該当せず、契約できるが、停止条件付契約は自己の所有に属さない物件として扱い、自ら売主として契約を締結することは禁止です。

未完成物件

保全措置が講じられている場合は、自ら売主として契約できます

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について