宅地建物取引士資格試験の「抵当権侵害」を解説

宅建合格のために必要な「抵当権侵害」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

抵当権侵害

抵当権とはそもそも、目的物は債務者(抵当権設定者)の元にとどめておいて、担保価値を保証するものです。

しかし、何らかの理由で、担保価値が下がってしまっては、抵当権者は困りますよね。
このように、抵当権者が価値の減少(可能性も含む)により、被担保債権を回収できなくなることを抵当権侵害といいます。
抵当権侵害があった場合、抵当権者は次の4つ方法をとることができます。

侵害行為差止請求

例えば、抵当目的物に「木」を伐採して、運び出そうとしている者に対して、「木を持っかないで!」と主張できます。
⇒ 「木」は抵当権の付合物なので、抵当権の効力の及ぶ範囲内です。

返還請求

上記例で、「木」を持って行かれた場合、「木」は抵当権の効力の及ぶ範囲内なので、「木を返せ!」と主張することができます。
ただし、「抵当権者に返せ!」とは主張できません。
あくまでも、「所有者(債務者)に返せ!」としか主張できません
なぜなら、抵当権はそもそも目的物を債務者の元に留めておく権利だからです。

不法占有者に対する明渡請求

例えば、抵当権を設定した土地に、誰かが小さな小屋を作って不法に占有している場合、競売にかけた時に、売却価格が下がる可能性があります。
なので、このような不法占有者に対して。「出ていけ!」ということができます。
これを妨害排除請求といいます。

不法行為に基づく損害賠償請求権

例えば、上記の不法占有者が小屋を作って生活をしており、汚物やゴミをその土地に埋めていた場合、そのままだと、価値が下がってしまいますよね。
このような場合、それらの除去費用を損害賠償請求により、回収することができます。

宅建メルマガ

関連記事
担保物権と被担保債権  /  留置権  /  物上代位  /  質権  /  不可分性とは  /  先取特権  / 抵当権  /   抵当権の及ぶ範囲、被担保債権の及ぶ範囲  /  抵当権の効力(競売)  /  抵当権の順位  /  転抵当  /   代価弁済  /  抵当権消滅請求  /  抵当権と賃借人の関係  /  抵当権侵害  /  法定地上権  /   一括競売  /  根抵当権  /  抵当権に基づく差押と相殺の関係

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について