宅地建物取引士資格試験の「未成年者」を解説

宅建合格のために必要な「未成年者」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

未成年者

■未成年とは、20歳未満の者を指し、20歳未満のものでも、一度婚姻したものは成年者とみなします。つまり、離婚して20歳未満のものも成年者とみなします。
この点を離婚したら未成年者に戻るわけではないので注意!

■そして、未成年者は法定代理人(保護者)の同意なく単独で契約(法律行為)をすることはできません
もし、未成年者が単独で契約した場合は、取消すことができます
取消しするには、親の同意はいりません!

しかし、未成年といえども、取消すことができない行為があります。
ここが試験に出やすいポイントなのですべて覚えましょう!

未成年の行った行為で取消しできない行為
  単に権利を得たり、または義務を免れたりする行為
(例 : 贈与を受けたり、債務を免除してもらったり)
  法定代理人が処分を許した財産の処分行為
(例 : おこづかいでお菓子を買う)
  法定代理人から営業許可を受けた場合
(例 : 未成年だが、宅建の免許を取って土地の売買契約をする)

上記例外は絶対覚えてください。

未成年者の法定代理人(親)の持つ権利

未成年者の法定代理人「同意権」「取消権」「追認権」「代理権」を持っていることも覚えてください。

未成年者の行った行為で取消しできる人

未成年者が不動産の賃貸借契約をした場合などのように取り消しができる場合、取消しできる者は①未成年者本人、②法定代理人(親)、③今は成年者になった元未成年者です。

基本的な内容はここまでですが、
これに付随して「同意権」「取消権」「追認権」「代理権」がどのようなものかを併せて覚えられると効率的な学習ができます!
↓↓
「理解する学習」「つなげる学習」といった効率的な勉強の仕方を身につけるための方法はこちらから

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について