専有部分の面積(水平投射面積、内法面積)とは?

区分所有建物の専有面積は、2つの面積の計算方法があります。

いずれも、建物(部屋)を真上から見た時の面積(水平投射面積)で考えます。

区分所有建物の専有面積は、内法面積壁芯面積があります。
下図はいずれも水平投射面積です。

内法面積と壁芯面積

 

上図のように、壁芯面積は内法面積より大きくなります
マンションのパンプレットには水平投射面積で計算された壁芯面積を使用するのが一般的です。

一方、不動産登記法や区分所有法は内法面積を用います。

各共有者の共用持分は、その方が有する専有部分の床面積(内法面積)の割合により、この床面積は、水平投影面積によります。

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら