宅地建物取引士資格試験の「高度地区 高度利用地区 高層住居誘導地区 特定街区」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「高度地区 高度利用地区 高層住居誘導地区 特定街区」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

高度地区 高度利用地区 高層住居誘導地区 特定街区

高度地区

高度地区では 
用途地域内において今の環境を維持したり、逆に、街を発展させたりするために建築物の最高限度または最低限度を定める地区のことを言います。

例えば、住宅地としての環境を確保したい地区などでは建物の高さの最高限度を定めたり、駅周辺などで建物の上の空間利用を図るために、建物の最低限度の高さを定めたりします。
つまり、高度地区内においては、建築物の高さを制限する地区です。

ひっかけ問題として出題されそうなのは、
「高度地区では容積率を定めなければならない」⇒×
「高度地区では建物の高さの最高限度と最低限度を 定めなければならない」⇒×
なぜなら、最高限度もしくは最低限度を定めればよく、どちらも定めなければならないわけではないので注意が必要!

高度利用地区

高度利用地区は、現状、道路整備等が進んでおらず、用途地域の指定によって高層の建物が建てられない地域であるが、これから発展させていこうという場合に道路を整備し、巨大で高層なビル群を建てて、街を活性化させていくための地区です。
それゆえ、一定以下の敷地面積や、一定以下の高さの建物の建築は認められません。
注意が必要なのは、高度利用地区容積率最高限度及び最低限度を定める地区で高さは定めない点です。

高層住居誘導地区

バブル崩壊により、都心の居住者が郊外へ移ってしまった。その人達を都心への呼び戻し、職住近接で利便性が高く良好な都市環境の実現などを目的として、都心部に高層住宅の建設を誘導すべき地区を定めました。
イメージからして、低層住居専用地域は高層住居誘導地区を定められないのは分かるでしょうが、中高層住居専用地域高層住居誘導地区を定めることができません。
この点は試験でひっかけ問題で出題されますので、理由は考えず、覚えてください。

特定街区

特定街区とは新宿やみなとみらいなどの超高層ビルやマンションをイメージしてください。
非常に高いビルですよね。それゆえ、「最高限度」が定められているのはイメージできるのではないでしょうか。
また、「壁面の位置の制限」についてはそもそも、隣地境界線(道路など)と壁面の距離を制限することで、ゆとりある空間をつくり出すことを目的としています。

みなとみらいをイメージすれば分かるのですが、超高層マンション が、3m先にあるということはないでしょう。
ネットで写真をみてみてください。マンションの壁面と隣のマンション壁面の間は30mくらいは離れていると思いますよ。
さらに追加してお話すると、特定街区においては一般的な都市計画法や建築基準法の適用はありません。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について