宅地建物取引主任者資格試験の「地役権」を解説

宅建合格のために必要な「地役権」の学習すべき点は?

地役権

地役権とは、ある土地の便益を上昇させるため、他の土地を利用できる権利をいいます。
この「ある土地」を要役地(ようえきち)、「他の土地」を承役地(しょうえきち)と呼びます。
そして、地役権設定登記を申請する場合、承役地のみならず要役地についても所有権の登記がされていなければなりません。

地役権(要役地と承役地)

地役権を設定するのは、上図でいう他人地の所有者です。

地役権の性質

地役権には、「付従性」と「随伴性」、「不可分性」があります。 これは抵当権の性質と同じです。

付従性
地役権を要役地と分離して譲渡することはできません。あくまでも地役権は要役地とセットです。
随伴性

自分の土地(要益地)を売却したら、購入した第三者に地役権が移ります。
地役権はその土地にくっついているので、所有者が替われば、それに伴い、地役権も移ります。

一方、他人地(承役地)が売却されても、要役地の所有者は他人地の新所有者に対抗できます。
要役地の所有者が登記をしていなくても、新所有者に対抗することができます

不可分性
要役地が分割された場合承役地が分割された場合

要役地が分割、または一部譲渡された場合、地役権は各部分のために存在します。

承役地が分割、または一部譲渡された場合、地役権は各部分の上に存在します。

宅建メルマガ

関連記事
所有権  /  相隣関係(囲繞地通行権)  /  根・枝の切除、切取権  /  共有  /  地役権  /  地上権  /  物権

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について