宅地建物取引士資格試験の「管理組合と管理者」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「管理組合と管理者」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

管理組合と管理者

マンションでは必ず管理組合が存在します。
管理組合は結成しなくても、当然に存在します。
そして、区分所有者全員構成員として管理組合に属します。

管理組合法人

管理組合法人とは区分所有者が2人以上の管理組合が法人化したもので、以下の2つの要件を満たせば、法人となれます。

  1. 区分所有者及び議決権の各3/4以上の決議(特別決議)で 法人名と事務所所在地を定める
  2. 事務所を登記する

そして、管理組合法人には必ず理事監事を置かなければなりません。

管理者

法人化された管理組合では理事が管理組合の代表者として、管理します。
それに対して法人化されていない管理組合は管理責任者として管理者を置くことができます。

そして管理者は区分所有者以外の方(法人もOK)でもなることができます。

管理者は集会の招集できます。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について