異議をとどめない承諾とは?

(このページは、改正民法に対応しています)

異議をとどめない承諾とは、異議があるにも関わらず、その旨を相手に伝えずに承諾することです。

債権者Bが債務者Aに対する債権をCに譲渡した。
譲受人CがAに対して支払い請求をした際、債務者Aが異議をとどめない承諾をした。

例えば、AさんはBさんからお金を借りたとします。(BはAに対する貸金債権を持つ)
その後、AさんはBさんにお金を貸したとします。(AはBに対する貸金債権(反対債権)を持つ)
そして、BさんはCさんに債権を譲渡しました。

CさんはAさんに対して、「Bから債権譲渡してもらった債権はあなたのですよね?払ってね!」と言われた時に、Aさんが、「反対債権を持っているので相殺できるので払いません!」と異議を言わずに、「はい、払います!」といった感じで異議を言わずに承諾した場合、異議を留めない承諾としたと言います。

旧民法では、「異議をとどめない承諾をした場合、Aは相殺できない」というルールでしたが、改正民法では、このルールがなくなりました。

つまり、異議をとどめない承諾をしたとしても、新債権者Cが対抗要件を備える前に、債務者Aが反対債権を取得していたのであれば、債務者Aは相殺をすることができます。

令和5年の宅建合格を目指すあなたへ。無料で毎日過去問を3問の分かりやすい解説をお送りします。無料で解説を受けたい方はこちらをクリックしてください。  
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら