代位弁済(弁済による代位)・求償の解説

(このページは、改正民法に対応しています)

代位弁済について例を示します。

①まず、AさんがBさんからお金を借りたとします。そうすると、Bさんは「お金を返して!」という権利(貸金債権)を持ちます。

Aさんはお金がなくて、期限内に返すことができなくなりました。
そしたら、②保証人Cさんが、Bさんに弁済しました。(=第三者弁済

言い換えると、債権者の持っていた「貸金債権」を保証人が買ったと言えます。

Cさんが弁済したのですから、Bさんが持っている「貸金債権」がCさんに移行します(=弁済による代位=Cが第三者弁済をすることで、③Bさんの地位がCに移行します)。

つまり、④Cは債務者Aに立て替えたお金を返してと言えます。これを「求償」と言います。

代位弁済・第三者弁済と求償:弁済による代位

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら