宅地建物取引士資格試験の「債権譲渡と相殺」を解説

宅建合格のために必要な「債権譲渡と相殺」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

債権譲渡と相殺

債権譲渡通知前に反対債権を有していた場合

① AがBにお金を貸しました。そのことによってAは「Bに対する代金債権」を取得します。
② その後、BはAにお金を貸しました。そのことにより、「BはAに対する代金債権」を取得します。
③そして、、Aは初めに取得した「Bに対する代金債権」をCに譲渡しました。

この場合、Bは「Aに対する代金債権」をもって、Cの有する「Bの代金債権」と相殺することができるだろうか?

債権譲渡と相殺の図

ポイントは、
債務者がその通知を受けるまでに反対債権を有していれば譲受人Cに相殺を主張できる
ということです。

つまり、本肢の場合、AがBに対して債権譲渡を通知する前に反対債権(Aに対しる代金債権)を有しているため、Bは相殺できるということです。

債権通知後に反対債権を取得した場合

債務者がその通知を受けるまでに反対債権を有していないので、Bは譲受人Cに相殺を主張できません。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について