宅地建物取引士資格試験の「成年被後見人」を解説

宅建合格のために必要な「成年被後見人」の学習すべき点は?

成年被後見人

成年被後見人とは、簡単にいうと、重い認知症の方のことです。
知的障害や精神上の障害により判断能力を欠く状況にあることを理由として、
保護者を付けないと土地などを無断で売却してしまうなど困る場合に
本人配偶者4親等内の親族、または検察官家庭裁判所に請求することで、
家庭裁判所の後見開始の審判を受けた者 の事を言います。

成年後見人の行った行為は原則、有効ですが、後で、取消すことができます。

成年被後見人の行った行為で取消しできない行為
  日用品に関する行為
(例 : シャンプーを購入する行為)

そして、成年被後見人の保護者を成年後見人と言います。
この成年後見人になるためには、家庭裁判所に選任された人(法人もOK)でなければなりません。
成年後見人も法律によって代理権が与えられるので、法定代理人です。

成年後見人の有する権限

成年後見人は、取消権追認権代理権を持っています。
注意が必要なのは、成年後見人は同意権がありません
なぜなら、成年後見人が成年被後見人に同意をしたとしても、同意した通りに物事を行うかどうかがわからないためです。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について