宅地建物取引士資格試験の「不法行為」を解説

宅建合格のために必要な「不法行為」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

不法行為

不法行為とは簡単にいうと、
何の権利もなく、故意・過失で他人に損害を与えた場合に、その損害を賠償してもらう制度です。

不法行為に基づく損害賠償請求

不法行為に基づく損害賠償請求権は、被害者または法定代理人が損害及び加害者を知ってから3年間行使しないと、時効で消滅してしまいます。
また、それが分からなかったとしても、不法行為の時から、20年経過しても、同じく、損害賠償を請求する権利がなくなります。

そして、被害者保護の観点から、不法行為を行った者(加害者)は、不法行為の損害賠償請求権は不法行為が発生すると同時に、履行遅滞となります。

履行遅滞になる時期 消滅時効
不法行為に基づく
損害賠償請求権
不法行為時(債権発生時) 損害および加害者を知ったときから3年間
または
不法行為のときから20年間

この文で重要なことは
損害を知っていても、加害者を知っていなければ、3年経っても消滅時効にかからないということです。 

不法行為に基づく損害賠償の請求権者

普通に考えれば、被害者が加害者に対して損害賠償を請求するのは理解できますが
被害者が不法行為により死亡してしまった場合はどうなるのでしょうか?
それは被害者の相続人は被害者の損害賠償請求および慰謝料請求がともにできます。

これは即死の場合でも、被害者自身に慰謝料請求権は発生し、相続の対象となります
さらに、この相続人にはまだ生まれていない胎児も含まれます。

 

宅建メルマガ

関連記事
不法行為に基づく損害賠償債務  /  債務不履行 /   履行遅滞   /   履行不能   /   同時履行の抗弁権   /   危険負担  /  不完全履行   /   損害賠償請求   /   損害賠償額の予定   /   契約解除   /   債権譲渡とは
異議をとどめない承諾とは   /   債権者代位   /   債権と債務

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について