共同不法行為の重要ポイントと解説

共同不法行為とは?

共同不法行為とは
数人が共同で不法行為によって他人に損害を加えた場合、もしくは、共同の行為中に、誰が実際に損害を加えたのか分からない場合、損害金額については、共同行為者全員が連帯して責任を負うことです。

共同不法行為における求償

加害者Aと加害者Bが、被害者Cに対して共同不法行為を行った。加害者Aが被害者Cに賠償した場合、Aは他の共同不法行為者Bの負担すべき過失割合(責任割合)に応じて求償できます

どういうことかは、個別指導で解説します!

共同不法行為における求償関係は、判例を頭に入れていく必要があるので、一つ一つ勉強していきましょう!

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら