宅地建物取引士資格試験の「制限行為能力者」を解説

宅建合格のために必要な「制限行為能力者」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

制限行為能力者とは・・・

簡単にいえば、認知症の方や小さいお子さんのように、一般の方と比べて、判断力が不足している方のことを制限行為能力者といい、「未成年者」 「成年被後見人」 「被保佐人」 「被補助人」の4つに分けられます。

この「被」というのは「~に保護される」という意味で、成年後見人であれば、後見人に保護される人ということです。

そして、制限行為能力者は上記のように、1人で判断する能力(行為能力)がないので、制限行為能力者が単独で行った行為は原則、取消すことができます
また、制限行為能力者が無権代理行為を行った場合も取消すことができます。

胎児の権利

お母さんのおなかにいる胎児は何もすることができないので、権利は認められていません。
しかし、「不法行為に基づく損害賠償請求」、「相続」、「遺贈」については例外として権利を持っています。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について