令和5年(2023年)問34/宅建過去問

宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)は貸主Bから建物の貸借の媒介の依頼を受け、宅地建物取引業者C(消費税課税事業者)は借主Dから建物の貸借の媒介の依頼を受け、BとDとの間で、1か月分の借賃を12万円(消費税等相当額を含まない。)とする賃貸借契約(以下この問において「本件契約」という。)を成立させた場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。

ア 本件契約が建物を住居として貸借する契約である場合に、Cは、媒介の依頼を受けるに当たってDから承諾を得ないまま、132,000円の報酬を受領した。

イ AはBから事前に特別な広告の依頼があったので、依頼に基づく大手新聞掲載広告料金に相当する額をBに請求し、受領した。

ウ CはDに対し、賃貸借契約書の作成費を、Dから限度額まで受領した媒介報酬の他に請求して受領した。

エ 本件契約が建物を事務所として貸借する契約である場合に、報酬として、AはBから132,000円を、CはDから132,000円をそれぞれ受領した。

1.一つ

2.二つ

3.三つ

4.四つ


 

【答え:3】


ア 本件契約が建物を住居として貸借する契約である場合に、Cは、媒介の依頼を受けるに当たってDから承諾を得ないまま、132,000円の報酬を受領した。

ア・・・違反する

令和5年問34-1|居住用建物の賃貸借の報酬額の上限
居住用建物の賃貸借の場合、媒介業者が依頼者から受領できる報酬額の上限は、依頼者から承諾がなければ借賃の0.5か月分+消費税です。したがって、本肢の場合、CはDから受領できる報酬額の上限は、60,000円+消費税=66,000円です。よって、132,000円の報酬を受領したら宅建業法違反です。


イ AはBから事前に特別な広告の依頼があったので、依頼に基づく大手新聞掲載広告料金に相当する額をBに請求し、受領した。

イ・・・違反しない

宅建業者は、報酬以外に受領できる広告費については、 依頼者からの依頼に基づく広告費用だけです。依頼を受けていない広告費については請求も受領も出来ません。本肢は、依頼に基づく広告料金を請求して受領しているので、宅建業法違反ではありません。


ウ CはDに対し、賃貸借契約書の作成費を、Dから限度額まで受領した媒介報酬の他に請求して受領した。

ウ・・・違反する

宅建業者が報酬以外に受領できるお金は、①依頼者からの依頼に基づく広告費用と②依頼者の依頼に基づく特別の費用(例えば、遠隔地への旅費など )です。本肢のように、契約書の作成費については、受領することはできません。よって、本肢は宅建業法違反です。


エ 本件契約が建物を事務所として貸借する契約である場合に、報酬として、AはBから132,000円を、CはDから132,000円をそれぞれ受領した。

エ・・・違反する

令和5年問34-2|事務所用の建物の賃貸借の報酬額の上限

居住用建物以外の建物を媒介する場合、宅建業者が依頼者から受領できる報酬額の上限は、借賃の1か月分+消費税です。ただし、宅建業者全体として受領できる報酬額の合計額の上限も、借賃の1か月分+消費税です。したがって、AはBから132,000円を、CはDから132,000円をそれぞれ受領すると、借賃の2か月分+消費税を受領することになるので宅建業法違反です。詳細解説は個別指導で解説します!報酬計算の問題は、解き方が分かって、掛け算ができれば必ず解けます。なので、どのような問題が出ても絶対解けるようにしましょう!

短期集中実力アップ講座、7月から宅建合格

令和5年(2023年):宅建試験・過去問

問1
遺産分割(判決文)
問2
相隣関係
問3
請負契約
問4
相殺
問5
不在者
問6
取得時効
問7
配偶者居住権
問8
未成年者
問9
賃貸借
問10
抵当権
問11
借地権
問12
借家権
問13
区分所有法
問14
不動産登記法
問15
都市計画法
問16
都市計画法(開発許可)
問17
建築基準法
問18
建築基準法
問19
盛土規制法
問20
土地区画整理法
問21
農地法
問22
国土利用計画法
問23
印紙税
問24
不動産取得税
問25
不動産鑑定評価基準
問26
契約書(37条書面)
問27
建物状況調査
問28
業務上の規制
問29
業務上の規制
問30
営業保証金
問31
広告
問32
免許
問33
重要事項説明書(35条書面)
問34
報酬
問35
業務上の規制
問36
クーリングオフ
問37
業務上の規制
問38
宅建士
問39
手付金等の保全措置
問40
媒介契約(専任媒介)
問41
監督処分
問42
重要事項説明書(35条書面)
問43
契約書(37条書面)
問44
保証協会
問45
住宅瑕疵担保履行法
問46
住宅金融支援機構
問47
不当景品類及び不当表示防止法
問48
統計
問49
土地
問50
建物

宅建試験の個別指導の募集終了まであと7名

宅建通信に関する相談はこちら