代襲相続の重要ポイントと解説

代襲相続のポイント一覧

  1. 子が、相続放棄、欠格、廃除の場合は代襲相続できる
  2. 子が相続放棄した場合は代襲相続できない

代襲相続とは?

代襲相続とは相続人が死亡していた場合、相続人の子が相続することを言います。

例えば、相続人である子が死亡していた場合や、子が欠格である場合などのとき
その子つまり孫が代わって相続できるということです。

被相続人が死亡したときすでに子も死亡していた場合、孫が被相続人を代襲相続する図です。

代襲相続できる場合とできない場合

覚えるべき点は 子が相続放棄した場合は代襲相続できないという点です。
上図で、子が、相続放棄、欠格、廃除の場合は代襲相続できます(孫は相続できます)。

代襲相続できる場合 相続人の死亡、廃除、欠格
代襲相続できない場合 相続人が相続放棄した場合
令和5年の宅建合格を目指すあなたへ。無料で毎日過去問を3問の分かりやすい解説をお送りします。無料で解説を受けたい方はこちらをクリックしてください。  
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら