平成29年(2017年)問50/宅建過去問

建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。

2.鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。

3.常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。

4.鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。


 

 

 

 

 

 

 

【答え:1】


1.木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。

1・・・不適当

木材は、含水率が小さいほど(乾燥しているほど)強度は高くなります。水分を含んで空気中にさらされると、腐ってきて強度が落ちていきます。

 


2.鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。

2・・・適当

鉄は炭素の含有量が多い引張強さ、硬さは増大するが、同時にもろくなっていきます。 したがって、本肢は引張強度(引張り強さ)についての記述なので正しい記述となります。

 


3.常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。

3・・・適当

常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しいです。だから、鉄筋コンクリートという素材が建物に使用されるわけです。

もし、熱膨張率が異なるとなると、夏や冬に、鉄筋とコンクリートの間に隙間ができたり、コンクリート内の鉄筋が膨張することでコンクリートを破壊したりして危険で、使われるはずがありません。

 


4.鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。

4・・・適当

木造と比べたら一目瞭然ですが、鉄筋コンクリート構造耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造です。

平成29年度(2017年)宅建試験・過去問

内容
問1 代理(復代理)
問2 物権変動
問3 共有(判決文)
問4 民法の条文
問5 売買契約
問6 相続
問7 請負
問8 連帯債務
問9 法定相続分
問10 不動産質権・抵当権
問11 借地権
問12 借家権
問13 区分所有法
問14 不動産登記法
問15 農地法
問16 都市計画法
問17 都市計画法
問18 建築基準法
問19 建築基準法
問20 宅地造成等規制法
問21 土地区画整理法
問22 その他法令
問23 所得税
問24 固定資産税
問25 地価公示法
問26 報酬
問27 瑕疵担保責任の特約制限
問28 業務上の規制
問29 監督処分
問30 宅建業法総合
問31 8種制限総合
問32 営業保証金
問33 重要事項説明
問34 業務上の規制
問35 帳簿,従業者名簿
問36 免許
問37 宅地建物取引士
問38 37条書面
問39 営業保証金と保証協会
問40 37条書面
問41 35条書面
問42 広告規制
問43 媒介契約
問44 免許
問45 住宅瑕疵担保履行法
問46 住宅金融支援機構
問47 不当景品類及び不当表示防止法
問48 統計
問49 土地
問50 建物
宅建通信に関する相談はこちら