12月14日の3問

本日で、個別指導の「ほぼ最安値価格キャンペーン」が終了となります!

キャンペーン価格でのお申し込みはこちら>>

 

勉強を開始している人はいますが、
多くの方が「丸暗記学習」です。

これでは、どれだけ勉強しても合格できないです。

だからこそ、今から「理解学習」を開始することで、
他の受験生と差をつけることができます!

昨年の12月に受講された多くの方に合格していただいております!

来年は、あなたに合格していただきたいです!

今からであれば、合格していただく自信がありますので
ぜひ、お力添えさせてください!

お待ちしております!

■個別指導の概要はこちら>>

※上記はキャンペーン価格ではないので、お申し込みは上記からお願いします!

【問1】債権譲渡

AはBに対する金銭債権をCに譲渡し、4月1日の付けの確定日付のある証書をBに送った。
その後、AはDに債権譲渡を行い、4月2日付けの確定日付のある証書をBに送った。
この場合、CはDに優先して権利を行使できる。

 


【問2】案内所等

宅地建物取引業者の事務所で契約の締結を行うことなく、
及び契約の申込みを受けることがない場合は、専任の取引士を置く必要はない。

 


【問3】農地法

県が、道路の用地とするために農地を取得する場合、5条許可が必要である。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら