宅地建物取引士資格試験の「登録免許税」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「登録免許税」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

登録免許税

登録免許税とは簡単にいうと登記料のことです。
登記を行うことに課税しています。

課税標準

登録免許税の課税標準は登記を受ける不動産の価額です。
この価額とは、取引価格とは違います。固定資産課税台帳に登録された不動産の価格(固定資産税評価額)を言います。
ただし、課税標準が1000円未満の場合は課税標準は1000円となります。

納税義務者

登録免許税の納税義務者は登記を受ける者です。
例えば、不動産の売買契約した旨を登記する場合、売主と買主の双方が納税義務者となります。つまり連帯することになります。

そして、登録免許税の納付期日登記を受ける時です。

また、登録免許税の納税地は不動産の所在地を管轄する登記所です。
売主の住所を管轄する登記所ではないことに注意しましょう。

税率

登録免許税の税率
登記の種類

課税標準

税率
本則 建物特例 土地特例
所有権保存 不動産の価格 4/1000 1.5/1000
所有権移転(売買) 不動産の価格 20/1000 3/1000 15/1000
所有権移転(贈与) 不動産の価格 20/1000
所有権移転(相続) 不動産の価格 4/1000
抵当権設定 債権金額 4/1000 1/1000
登記の抹消 不動産の個数 1個につき、1000円

上記は一例ですが、登記の種類や原因により、登録免許税の税率は変わってきます。

そして、住宅(建物)を購入に関する登記税率には軽減措置があることも押さえましょう。 例えば、新築住宅を購入した場合、建物の保存登記は1.5/1000(本則4/1000)ですし、購入の際に住宅ローンを使えば抵当権設定登記も行います。この場合も1/1000(本則4/1000)と軽減されています。また、中古住宅購入についても、 土地・建物ともに軽減措置があります。

軽減税率を適するには以下の要件を満たさないといけません。

登録免許税の軽減税率の適用要件
適用要件
  1. 新築または取得後、1年以内に登記をすること
  2. 個人が、自宅用として受ける登記であること
  3. 住宅の床面積が50㎡以上であること
  4. 中古住宅の場合、以下のいずれかを満たすこと
    ・木造住宅は築20年以内
    ・非木造住宅(耐火建築物)の場合は築25年以内
    ・新耐震基準に適合していること
宅建メルマガ

関連記事
税金の概要  /  所得税(譲渡所得)  /  印紙税  /  登録免許税  /  不動産取得税  /  固定資産税

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について