宅地建物取引士資格試験の「税金・所得税・印紙税・不動産取得税・固定資産税・登録免許税」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「税金」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

税金の概要

税金は大きく分けて、国に対して納税しないといけない国税と、道府県や市町村に納税しないといけない地方税に分けられます。
ここでは、宅建に出題される税金についてまとめました。

  • 国税・・・所得税(譲渡所得)/印紙税/登録免許税
  • 地方税(道府県税)・・・不動産取得税
  • 地方税(市町村税)・・・固定資産税

所得税

所得税の基本的な特徴としては、
1月1日~12月31日の1年間を課税期間とし、
②不動産所得や譲渡所得、給与所得など10種類の所得に区分されており、
所得ごとに計算方法が異なります
④そして、申告方法は、申告納税方式です。

宅建の試験で出題されるのは、譲渡所得がほとんどです。
宅建は不動産に関わる資格ですが不動産所得については出題されていません。
なので、譲渡所得を覚えましょう。

  → 宅建で出題される譲渡所得について

印紙税

一定の売買契約書などを作成した場合に、印紙を貼ることにより納税するのが印紙税です。
ここで覚えるべき点は、
どの契約書には印紙税が課せられて、どの契約書には印紙税が課せられないか
②納税すべき金額の基となる課税対象は何で判断するのか
この2点を中心に覚えていけば印紙税のポイントは押さえられるでしょう。

  → 宅建で重要な印紙税について

登録免許税

登録免許税は、不動産登記や、商業登記をした際に課せられる登記料のことです。
不動産登記でいえば、土地の売買や抵当権の設定などの際に行います。
商業登記は、会社を設立した際に行います。
宅建では、不動産登記に関する登録免許税が出題されますが、登録免許税が軽減される要件を中心に覚えていくとよいでしょう。
その他の点は過去問に出題されたものを個別に覚えていってください。

  → 宅建で重要な登録免許税について

不動産取得税

不動産取得税は新築を購入したり、建物を増築した際などに課せられる道府県税です。
道府県税は税法上のこのように表現するだけで、都税も含みます。
この不動産取得税は固定資産税と覚えるべき点が似ているため、間違って覚えてしまう可能性があります。
しっかり分けて覚えてください。

  → 宅建で重要な不動産取得税はこちら

固定資産税

固定資産税とは、土地や建物、工場などの機械設備(償却資産)などに課せられる市町村税です。
宅建では、土地や建物に関する固定資産税を覚えていけばよいでしょう。
先ほども言いましたように、不動産取得税と間違って覚える可能性もあるのでその点は注意しましょう。

  → 宅建で重要な固定資産税はこちら

税額を出すための計算式

納税すべき金額を税額といいます。
税額を出すための計算式は

課税標準 × 税率 = 税額

課税標準がいわゆる税金を計算するための基となる数字です。
そして、この課税標準から一定金額を差し引く(控除する)ルールが課税標準の特例です。

税率から一定金額を差し引く(控除する)ルールを軽減税率と言います。

税額から一定金額を差し引く(控除する)ルールを税額控除と言います。

どの税金も課税標準と税率によって納税すべき金額を出すのでこの式は覚えておいてください。
また、課税標準から控除するのと、税額から控除するのとでは、全く意味が違うので、この点は分けてしっかり覚えてください。

宅建メルマガ

関連記事
税金の概要  /  所得税(譲渡所得)  /  印紙税  /  登録免許税  /  不動産取得税  /  固定資産税

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について