宅地建物取引士資格試験の「宅地造成の定義・届出制」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「宅地造成の定義・届出制」の学習すべき点は?

宅地造成の定義・届出制

宅地造成とは宅地にするための土地形質変更で以下の①~④のどれかに該当すれば、宅地造成に該当し、都道府県知事の許可が必要となります。

  1. 盛土により高さ1m超の崖ができる
  2. 切土により2m超の崖ができる
  3. 切土と盛土により2m超の崖ができる
  4. 切土、盛土をする土地の面積が500㎡超
宅地造成の切土|宅建通信講座 宅地造成の盛土|宅建通信講座 宅地造成の切土と盛土を同時に行う場合|宅建通信講座

※宅地を農地にすることは宅地造成ではない
※森林を道路にすることは宅地造成ではない
これらは宅地にすることを目的としていないから宅地造成に該当しません。

宅地造成工事に当たらないが届出が必要な場合

届出が必要な場合 届出義務者 届出期間
宅地造成工事規制区域の指定の時にすでに宅地造成工事が行われている場合 造成主
(注文者のことで請負業者ではない)
指定後21日以内
高さ2mを超える擁壁除去工事
排水施設除去工事
除去工事を行おうとする者 工事着手14日前
宅地造成工事規制区域内で、宅地以外の土地を宅地に転用した場合
(造成工事は伴わない)
転用した者 転用後14日以内
許可を受けた宅造工事計画について、軽微な変更を行う場合 許可を受けたもの 遅延なく
宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について