宅地建物取引主任者資格試験の「土地区画整理事業」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「土地区画整理事業」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

土地区画整理事業

土地区画整理法とは、都市計画区域内の土地について、宅地利用の増進や公共施設(道路や公園など)の整備改善を図るため、「土地の区画形質変更」および「公共施設の新設または変更」に関する事業のための手続き等を定めた法律です。

土地区画整理事業とは
具体的な内容としては区画整理されていない土地を「道路を新設」「公園などの公共施設の配置」
などして、見栄えの良い町を作っていくことです。

土地区画整理事業の例|宅建通信講座

土地区画整理事業の施行者(主体)

事業主体 覚えるべきポイント
民間 個人施行者 ●宅地の所有者・借地権者のの同意を得たものは1人又は数人が共同して、知事の認可を受け受けなければならない。
土地区画整理組合 7人以上が共同して、定款、事業計画等を定め、施行地区内の宅地の所有者及び借地権者のそれぞれ3分の2以上(人数と地積)の同意を得て、知事の認可を受けなければならない。
●施行区域内の宅地所有者・借地権者はすべて組合員となる。
●土地区画整理組合は法人となる
区画整理会社 ●規準・規約、事業計画などを定め、知事の認可を受け受けなければならない。
●宅地の所有者・借地権者である株主が議決権の過半数を保有し、施行地区内の宅地の所有者及び借地権者のそれぞれ3分の2以上(人数と地積)の同意を得て、知事の認可を受けなければならない。
公的 都道府県・市町村 土地区画整理事業ごとに土地区画整理審議会を置かなければならない。
国土交通大臣
住宅供給公社等
宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について