宅地建物取引士資格試験の「農地法の用語の意味」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「農地法の用語の意味」の学習すべき点は?

農地法の用語の意味

農地とは

農地とは耕作目的で使用される土地なのですが、客観的事実(現況)に基づいて農地かを判断します。
つまり一時的に耕作していない休耕地や、地目に関係なく、実際、農地の場合は農地法の農地として扱われます。

採草放牧地

採草放牧地とは農地以外の土地で、主として耕作または養畜の事業のための、採草または家畜の放牧の目的で使用されるものを言います。
これも、客観的事実に基づいて判断します。

権利移動とは

権利移動とは、農地又は採草放牧地について所有権を移転し、または地上権永小作権、質権、使用貸借権賃貸借権、もしくはその他使用及び収益を目的とする権利設定や移転を言います。
そして、この権利移動をする場合、農地法の3条許可が必要です。
注意が必要なのは、抵当権の設定は使用収益をするわけではないので、権利移動に含まれず、3条許可は不要です。

転用

転用とは、農地を農地以外の土地にすることです。
そして、転用する場合、農地法の4条許可が必要です。
注意が必要なのは、農地以外の土地を農地に変える場合は許可が必要な転用に含まれません。
また、採草放牧地を採草放牧地以外に変える場合は4条許可は不要です。

転用目的権利移動

転用目的権利移動とは農地を農地以外の土地にするため、あるいは、採草牧草地を採草牧草地以外の土地にするために、権利移動させることいいます。
この場合、農地法の5条許可が必要です。
例えば、農地を宅地でしようしたい方に農地を売却する場合が5条許可が必要な場合に当たります。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について