宅地建物取引士資格試験の「求償権」を解説

宅建合格のために必要な「保証人、物上保証人、連帯保証人の求償権」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

保証人、物上保証人、連帯保証人の求償権

求償権とは、簡単にいうと、「立て替えておいたから、その分お金返してね!」 ということです。

求償権

債務者Aが債権者Bにお金を返さない場合、 保証人Cが変わって返さなければなりません。
そして、CがAに代わってBにお金を払うと、 債権者Bが有していた、貸金債権が保証人Cに移転します。
すると、保証人Cはその貸金債権に基づいて、Aに立て替えたお金を請求することができます。
これを求償といいます。
そして、この請求する権利を求償権といいます。
この求償権については、物上保証人に対しても連帯保証人にも適用されます。 つまり、物上保証人が担保として提供した不動産をもって債権者に弁済した場合、 弁済した額を、債務者に求償することができます。 たとえ、一部弁済した場合でも、その弁済した額を債務者に求償できます。
連帯保証人が複数いる場合、別の連帯保証人に対して求償もできます。

宅建メルマガ

関連記事

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について