宅地建物取引士資格試験の「欠格と廃除」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「欠格と廃除」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

欠格と廃除

欠格

欠格とは、
相続人が不正な利益(相続)を得るために違法な行為をしたり、被相続人(死亡した人)に対して犯罪行為を犯した場合に、手続きなく資格を失うことです。
そして、相続欠格は遺言よりも強い効力を持つことから、遺言によって財産をあげようと思っても欠格である場合は財産をあげれません。

廃除

廃除とは、
自分を虐待した妻や息子などの相続人に自分の財産を相続させたくない場合、 被相続人の請求に基づき、生前に家庭裁判所に申立てるか、遺言によって行います。 但し、遺言したとしても、家庭裁判所の許可が得られなければ有効とならないので 結論は家庭裁判所の許可が必要ということになります。

 ⇒ 代襲相続と欠格・廃除の関係

宅建メルマガ

関連記事
相続  /  相続の計算(法定相続分)  /   欠格と廃除  /  代襲相続  /  相続放棄と承認  /   遺産分割の禁止  /   遺言・遺贈  /  遺留分・遺留分減殺請求

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について