勉強につまづいた時は、段階を考えろ!【宅建通信】

効率的な勉強を習慣化して宅建に合格する

勉強を進めていく中で、もう分からない、、、と挫折してしまう事ってありますよね!?

でも、それは普通です。あなただけでなく、皆が同じ思いをしています。

ただ、これを放置してしまったら、宅建に合格することはできません。何かしらの対策を考える必要があります。

段階を考えること!

挫折した部分を細かくして(小さな段階に分けて)、一つ一つ分かるようにしていけばいいんです!

例えば、意思表示が分からないとなった場合、意思表示には、「心裡留保」「虚偽表示」「錯誤」「詐欺」「強迫」の5つがあります。

これを一つ一つ分かるようにしていけばいいんです!

錯誤に分からないのであれば、それを小さな段階に分けて「要素の錯誤って何だろう?」「動機の錯誤って何だろう?」と一つ一つ分かるようにしていけばいいんです!

その積み重ねを半年・1年と行った結果、合格という大きな壁を乗り越えることができるんです。

まずは、一つ分からない単語があれば、それを調べることから始めましょう!

レトス小野

無料メルマガ【宅建過去問】
宅建通信に関する相談はこちら