【宅建:権利関係】心裡留保(民法93条)

宅建試験において、心裡留保の部分は良く出題される部分です!しっかり頭に入れましょう!

民法93条(心裡留保)

(心裡留保)
第九十三条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。
2 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

民法93条1項

心裡留保(当事者間の関係)民法93条1項:相手方が全に無過失の場合、契約は有効。相手方が悪意もしくは有過失の場合、契約は無効

心裡留保(しんりりゅうほ)とは、冗談で意思を表示することです。例えば、売るつもりもないのに、飲み会の席で、Aが会社の同僚Bに対して「自宅のマンションを1000万円で売ってあげるよ!」と言って、相手方Bもそのマンションが欲しいから「1000万円なら買うよ!」と意思表示をした場合です。

A→B

この場合、冗談を言ったAが「表意者」です。Aが冗談で意思表示をしたとしても、この意思表示は、原則、有効です。

ただし、例外として、相手方Bが、Aが冗談で言っていることを「知っていたり(悪意)」又は「知ることができた(有過失)」のときは、Aの意思表示は、無効となります。

民法93条2項

心裡留保(第三者との関係)民法93条2項:第三者が善意の場合、表意者は第三者に対して無効主張はできない。第三者が悪意の場合、表意者は第三者に対して無効を主張することができる

上記1項の例外の場合、AB間の契約は無効となるのですが、BがCに上記マンションを売却していた場合、どうなるか?

A→B→C

この場合、第三者Cが「AB間の契約が無効であること」を知らない(善意の)場合、Cは、保護され、Aは、Cに対して無効主張することができません

一方、第三者Cが悪意の場合、Cは保護されず、Aは、Cに対して無効主張できます

注意点については、個別指導で解説します!


ad個別指導:レトスの個別指導を受講すればあなたも理解学習が実践でき宅建試験に合格できます

宅建通信に関する相談はこちら