【宅建:権利関係】制限行為能力者の詐術(民法21条)

宅建試験において、制限行為能力者の詐術の部分は良く出題される部分です!判例も含めて、しっかり頭に入れましょう!

民法21条(制限行為能力者の詐術)

(制限行為能力者の詐術)
第二十一条 制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。

毎日3問、宅建の過去問の解説を無料でお送りします!
無料で受け取りたい方はこちらをクリック。

「詐術」とは、積極的にだます行為といえます。つまり、制限行為能力者が「私は制限行為能力者ではないです!」といって、契約の相手方をだまして、単独で契約をした場合、あとで、制限行為能力者を理由に取消しができません

詐術の判例(最判昭44.2.13)

  1. 単に、制限行為能力者であることを黙秘していただけでは、「詐術」にはならない
  2. 制限行為能力者であることを黙秘していた場合でも、他の言動などと相まって、相手方を誤信させたり、相手方の誤信を強めたといえるときは、詐術に当たる

毎日3問、宅建の過去問の解説を無料でお送りします!
無料で受け取りたい方はこちらをクリック。

【 令和5年の個別指導を開講しました! 】 宅建レトスの通信講座。個別指導を受講すれば、あなたも理解学習を実践でき、令和5年の宅建試験に合格できます。理解学習を実践して絶対に合格したい方はこちら

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら