【宅建:権利関係】復代理人(民法104条,105条,106条)

宅建試験において、「復代理人」の部分は頻繁に出題される部分ではないですが、基本事項なので、出題されたら必ず得点できるようにしましょう!

合否の分かれ目となる部分です!

民法104条(任意代理人による復代理人の選任)

(任意代理人による復代理人の選任)
第百四条 委任による代理人は、本人の許諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復代理人を選任することができない。

「委任による代理人」とは、任意代理人ということです。任意代理人が、さらに代理人(=復代理人)を選任するためには「本人の許諾を得る」か「やむを得ない事由があること」が必要です。

「やむを得ない事由」の具体例や、なぜ上記が必要なのか?という理由については、個別指導で解説しますので、理解をしながら勉強を進めていきましょう!

民法105条(法定代理人による復代理人の選任)

(法定代理人による復代理人の選任)
第百五条 法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは、本人に対してその選任及び監督についての責任のみを負う。

法定代理人が、さらに代理人(=復代理人)を選任する場合、特段制限はなく、自由に復代理人を選任することができます。

ただし、万一、復代理人が本人に対して損害を与えた場合、復代理人だけでなく、法定代理人も損害賠償責任を負わないといけません。

もし、法定代理人がやむを得ない事由があって、復代理人を選任したのであれば、選任及び監督についての責任のみを負います

つまり、選任と監督について過失がなければ、責任は負わなくても大丈夫です!

選任及び監督についての責任のみを負う」の意味合いについては個別指導で解説します!

民法106条(復代理人の権限等)

(復代理人の権限等)
第百六条 復代理人は、その権限内の行為について、本人を代表する。
2 復代理人は、本人及び第三者に対して、その権限の範囲内において、代理人と同一の権利を有し、義務を負う。

復代理人は、「本人の代理人」です。「代理人の代理人」ではないので注意しましょう!

つまり、本人の代理人として、「代理人」と「復代理人」の二者いることとなります。

復代理人は、代理人と同じ権利義務を負っています。


6月からでも宅建合格できる
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      

宅建通信に関する相談はこちら