宅建の本当の難易度は?一般的な難易度は嘘ばかり!【宅建通信】

あるサイトでは「宅建は法律系の資格では比較的簡単な資格」と書いてあったり、 あるサイトでは「宅建は難しいサイト」と書いてあったりで実際どうなのか疑問に思う方も多いでしょう。

ここでは、「相対的に見た最新の宅建の難易度」と「独自目線から見た宅建の難易度」をお伝えでします。

重要なのは「独自目線から見た宅建の難易度」なので、これは必ず見てください。

これを見れば、「これから宅建を勉強をしようという方」でも宅建をサラッと合格できる秘訣を分かっていただけると思います。

相対的に見た最新の宅建の難易度は?

まず、宅建は法学系の資格なので、法学系の資格で比較すると分かりやすいでしょう。

まとめたものは下記表なのでそちらを見ていただいても構いません。
ファイナンシャルプランナー(FP)2級と比べると宅建は科目は少ないが、その分、深い知識が必要とされる分、宅建の方が難しいです。

しかし、行政書士と比べると、宅建の方が、求められる知識が浅くてよいので、宅建の方が簡単でしょう。

しかし、これは相対的に見た宅建の難易度です。

法律を勉強したことのない方、また、勉強慣れしていない方は宅建は難しいと感じるはずです。

難易度 資格
S 司法試験(弁護士、検察官、裁判官)/公認会計士/ 税理士/司法書士/弁理士/
中小企業診断士/社会保険労務士/ファイナンシャルプランナー1級/行政書士/土地家屋調査士
宅建/マンション管理士/ファイナンシャルプランナー2級

重要なのはここからです!!

独自目線から見た宅建の難易度

上記のように法学系の資格では比較的簡単な部類に属しますが、一般的な国家資格から見ると、標準よりやや難しい部類に属します。

つまり、法律を勉強したことのない方、また、勉強慣れしていない方は宅建は難しいと感じるはずです。

しかし、そう感じるのは、「勉強の仕方が確立していないから。」
たったそれだけです。逆を言えば、勉強の仕方さえ分かれば、1ヶ月もしないうちに、それほど難しくないことに気づきます。

実際、多くの方にその点を気づいていただきました。

すると、勉強するごとに、「また、自分の実力がアップした」っと自覚できるようになってきます。それに伴って、勉強が習慣づいていきます。

習慣づけば、あとは、合格を待つだけです。

是非、勉強の仕方を頭に入れていってください!

>> ついに公開!誰でもできる!宅建勉強法の4ヶ条

これから宅建を目指される方へ

弊社LETOSは宅建専門の通信教育を行っています。
しかし、お客様が知っている通信教育とは違います!
LETOSは1対1の個別指導のスタイルを取っています。
それはお客様に必ず合格してもらいたいからです。
勉強で一番難しいのがスケジュール管理です。
自分自身でマネジメントするのは相当スキル(能力)がある方でないとできません。
その点をLETOSがカバーして二人三脚で前進していくスタイルです。

勉強に自信のない方や学習ノウハウのない方、でも、やるからには一発合格したい方は宅建専門通信講座をご覧ください。

自信をもって、あなたのお力になれると思います!

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら