宅建合格のためのテキスト選び、ポイントはたった1つ!【宅建通信】

市販のテキストだけでも30種類以上あるのではないでしょうか!?

その中で、“どれがいいか?”

結論からいうと、ほとんどのテキストが合格するために必要な情報は載っています。
300ページ位の宅建テキストであれば、ポイントだけが絞られています。
700ページ位の宅建テキストであれば、詳細な解説具体例まで記載されています。

テキストを要点整理用で活用するなら300ページ程の宅建テキストを用い、
テキストを分からなかったときに調べるための辞書代わりにするなら700ページ程の宅建テキストを用いるとよいでしょう。

あとは、自分がそのテキストをみて分かりやすいかどうかで選んでください。

正直なところ、「テキストの活用目的」と「分かりやすさ」を基準に選べば、大丈夫です。
テキスト選びに失敗はあまりありませんし、それが原因で不合格になる可能性も非常に少ないです。

それよりも、問題集選びの方に気をつけましょう!

LETOSから頑張るあなたへプレゼント♪

これから宅建合格を目指すあなたへ レトスに関わる皆様が合格できますように♪
 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら