結局、独学で宅建に合格する勉強法って?【宅建通信】

勉強法は、結局、百人百様です。

なぜなら、最初は他人の勉強法をまねても、続けると、結局は自分に合った勉強スタイルになるからです。

しかし、独学で宅建に合格する人は具体的な勉強の仕方(勉強をする場所や時間、覚え方など)は違っていても「やるべき事」、つまり、「自分は何をすれば合格できるのか」を理解し、「やるべき事」を学習していく流れは同じです。

とはいうものの、効率の悪い勉強法や質の低い勉強法というのは避けたいところです。
それをチェックするにはこの質問を自分に投げかけてください。

勉強を終えた後、自分は今日何を覚えたのか?

最近勉強したことを思い出して、覚えたことを、頭の中で浮かべて、何(どのようなポイント)を覚えているかを数えてください。

・・・・・

いくつ覚えていますか?
恐らく、勉強すれば、最低でも10分は勉強しているでしょう。
10分あれば5つの事柄は覚えられるのだから、それ以上のことを覚えられるはずです。

でもほとんどの方が5つも覚えられていないんです。

ではどうすればよいのか?
下記ノウハウを見てください!きっと何か発見できると思います!

LETOSから頑張るあなたへプレゼント♪

これから宅建合格を目指すあなたへ レトスに関わる皆様が合格できますように♪
宅建通信に関する相談はこちら