宅建の難易度とは?

宅建試験の難易度を「合格のし易さ」と「問題の難しさ」に分けて考えます。

「合格のしやすさ」は、国家試験の中では普通位と言えます。
難しくもなく簡単でもないっといったところです。

一方、「問題自体の内容」はというと、法律を学んだことのない方は難しく感じると思います。

一般的に、合格するための学習時間は200時間~300時間(半年:6ヶ月)と言われていますが、一概に言えません。
人によりけりです。

勉強の仕方を知っている人や、もともと効率的な勉強ができる方であれば半年でも十分合格できると思いますが、 安易に考えない方がよいでしょう!

無料メルマガ【宅建過去問】
宅建通信に関する相談はこちら