宅検って何?【宅建通信】

「宅検」とは「宅建」のことですね!

「宅地建物取引士資格試験」の「宅地建物」の頭文字をとって「宅建」が正しい略称です。

宅地建物に関する検定試験ということで、「宅検」でもよさそうですけどね!

宅検(宅建)では、マンション、一戸建てや土地などの不動産取引を行うスペシャリストなのですが、

試験自体がそこそこ難しいと言われています。

しかし、私からしてみれば、全く難しくありません!

なぜなら、宅建(宅検)の合格の仕方を知っているからです!

勉強法を知っているからです!

勉強法を知らずに自分の好きなように勉強するから、運任せになるんです。

そのような方が宅検に落ちているんです!

他の宅検専門学校や宅検通信講座とは教え方が全く違う、LETOSの通信講座を是非体験してほしいです!

>>LETOSの宅建通信講座はこちら

大手の宅検学校や通信講座ではできない細かな対応を行っています!

売りっぱなしではなく、最後までサポートする点が選ばれる理由です!

宅建試験に失敗した2つの原因。失敗談はこちら
令和6年度 個別指導開講
宅建通信に関する相談はこちら